DDG173 こんごう

DDG173こんごう
 DDG173「こんごう」は、海上自衛隊が運用しているこんごう型ミサイル護衛艦(イージス艦)の1番艦で、三菱重工長崎造船所で建造され、1991年に進水、1993年に竣工しています。
 艦名は、大阪府と奈良県にまたがる「金剛山」にちなむもので、艦艇名としては3代目にあたります。
 尚、初代金剛は、1890年に串本沖で遭難したエルトゥールル号の生存者を、「比叡」とともに本国まで送り届けるという重責もこなしたとのことです。
 

旧日本海軍駆逐艦「ゆきかぜ」

旧日本海軍駆逐艦「ゆきかぜ」
 かげろう型駆逐艦の8番艦として、昭和15年1月に竣工しました。戦時中は、激戦に身を投じながらも必ず生還し、幸運艦と呼ばれていました。
 終戦後は、復員船として輸送業務に従事し、1万人以上の復員者を運んだとのことです。漫画家の故水木しげる氏も、ゆきかぜで復員した一人だそうです。

クラベンカッター

クラベンカッター
 ドイツの蟹工船です。荒々しい北海での酷使に耐えられるよう、ずんぐりとした形をした船です。
 でも、形が面白かったので、、ここでは明るい色を使ってかわいらしく表現してみました。ただ、マストの蟹のすくい網を黒っぽく塗装したため、金網のようになってしまいました。

ハーフムーン

ハーフムーン
 ハーフムーンは、3本マスト60t位の小型ガレオン船だったといわれています。船尾が高くそそり立ち、その形が半月に似ていたのでこの名前がついたようです。
 ここでは、船体を削りだして整形したあと、幅5㎜、厚さ0.3㎜に削った板を一枚づつ貼って古代船の雰囲気を出してみました。

黒船

黒船
 1853年(嘉永6年)、開港を求めて相模の国浦賀(現神奈川県横須賀市)に来航した蒸気船「サスケハナ」です。
 当時の人々は、その姿に驚いて「黒船」と呼びましたが、この事件をきっかけに、日本は開国そして明治維新へと歴史が大きく動いて行きました。

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»